ガルバリウムの屋根は塗装は必要???~ヌルぞう社長のおすそ分け知識の壺~

ヌルぞうの 施工関連日記です

㈱アリショウは2022年 
T-styleからヌルぞう

屋号を変更しました!!

 

今日は過去記事(アメブロ)に社長が
書いた記事の抜粋です


ヌルぞうのお客様はご自宅の塗装に関して
詳細に調べて情報を比較されるお客様が多く
社長のblogを読み込んでくださり それが
決めてとなって発注してくださる方がほとんどです

 

今日は過去記事からガルバリウムの屋根の
塗装について書いてみます。

今回はガルバリウム鋼板についてです

 

築18年の鉄骨3階建て外壁は窯業系サイディング張り

屋根はガルバリウムメッキ鋼板

 

中古で購入されたお住まい

メンテナンスの履歴は定かでないとの事

鉄骨造の割には、

サイディングの割れがほとんどない

シーリングは経年劣化で切れているが、、

アール屋根は、

無塗装のガルバリウム鋼板

 

 

露出部の鉄骨は、残念ながら

ドブ漬け(溶融亜鉛メッキ)ではありません

 

陸屋根は、

ゴムシート防水に防滑トップコート

そこへ安い人工芝をボンドで張り付けている

 

それにより、水はけが最悪になり

雨が降ると「お池」が出来るそうである

苔が、うっそうと茂っています

 

さぁ、

ガルバリウムと屋上の

ゴムシートの改修をそうするかな?!

 

まず、屋上やベランダのゴムシート防水

どうやら、

一度メンテナンスをされているようです

 

ポリマーセメント系塗膜防水が

トップコートで施工されています

更に、悪いことに

その上に、ボンドで人工芝を

張り付けてしまっているのです

 

人工芝を剥がしても

ボンドで下地は、凸凹ガタガタ

 

下地がゴムシートの為、

ケレンで削り取ることもできない

となると、

凸凹ガタガタのまま再度、

ポリマーセメント系塗膜防水をするか、

機械固定式塩ビシート防水をするか、

 

他にも工法はあるが、一般的には

どちらかしか選択肢はありません

 

今回は、狭いバルコニーは

ポリマーセメント系塗膜防水

 

屋上は、

機械固定式塩ビシート防水での

ご提案をさせて頂きます

 

さて、

ガルバリウム鋼板の屋根は、

どうしようかしら?!

 

 

無塗装でメッキ仕上げの

ガルバリウム鋼板です

 

錆は発錆していない

大きな傷も見当たらない

 

じゃぁ、今回は塗装をするのを

見送りましょうか

 

塗装ができないわけではないが

あえてこのタイミングでする必要もない

 

ということで、

築18年のガルバリウム鋼板の

塗装をすることは選択肢から

外してしまいました

 

とは言え、

このジャッジは正しいのか?

 

ガルバリウム鋼板を製造している

日鉄鋼板の技術者にインタビュー!!

 

ガルバリウム鋼板とは

米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板です

そのめっき組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっています。

アルミニウムの長期耐久性と耐熱性に、亜鉛の犠牲防食作用を合わせもつため、
亜鉛鉄板(トタン)の約3~6倍の耐久性が期待できる優れた表面処理鋼板です。

 

なるほど、

教科書通りの答えが返ってきました

 

率直に耐久性はどのくらい?

ガルバリウム鋼板は、

鋼板の表面に上記のようなメッキ処理をしています。
メッキの厚さは約54㎛(0.054mm)です。
これは、JIS規格で定められています。

このメッキの厚さですと、

机上の空論ではありますが無塗装で20年もの間
メッキ層の厚さが保たれることがわかっています。

当然、製造ラインではJIS規格ギリギリに

製造することは無く100㎛近くになることも。。。
2倍までとは言わなくても耐久性が伸びることは十分考えられます。
 

なるほど、環境にもよるけど

キッチリ、JIS規格通りに製造されていても

20年は何もしなくても問題ないってことですね

 

 

 

メッキ層が厚ければ更に長持ちすると。。。

太陽光発電パネルの下は長持ちする?

ガルバリウム鋼板は、
塗装と違って雨や紫外線で
劣化が促進されるものではありません。

海岸に近いと塩害により錆が早く出ることもあります。
また近年ではほとんどありませんが、
工場地帯などで硫化物を含んだ大気や雨が
あたり堆積するような場所では、
腐食が早まることもあります。

そのため、ガルバリウム鋼板を使用した屋根や
外壁は2~3か月おきに水洗いをすると
長持ちをするという都市伝説が流布されていったのです。
あながち間違いではありませんが、現実的ではありません。

しかし、雨が当たらない箇所に使用したり
雨が当たりにくい外壁に使用すると、

雨によって塩分や硫化物が洗い流されずに
白錆が発錆しやすくなります。

 

なるほど!

 

それで、昔よく使っていた

軒天や倉庫の外壁に

白いブツブツが大量発生していたのか!?

 

日鉄の技術者さんは、

ネットには、いろいろ書かれていますが、

 

 

 

お客様が、見た目が悪いから

塗装したいと言えば、それも正解です

 

 

 

現状を、しっかりチェックして

問題がなければ塗装しなくても

それも正解ですとの事。。。

 

 

 

厳密に検討するのであれば、

電磁膜厚計で、メッキの残存膜厚を

計測して判断されると良いかと、、、

 

 

 

そこまではしないです!

 

結論

ガルバリウム鋼板は、海岸地域
(海岸から2km以内)や

硫化物を発生したりする工場や
製鉄所などの近くではなく、
雨がかかる屋根などの場所であれば、
黒ずみなどの見た目を気にしなければ、
25年から30年の耐久性は十分あります。

塗装をする際は、
下地処理と下塗りの塗料を
間違えなければ問題ありませんが、
10年もすれば塗膜が劣化するので
10年サイクルで塗装をする必要性があります。

どちらを選ばれるかは、お客sまあ次第ですね(;^ω^)
 

と、

直通電話番号まで教えて頂き

とてもフレンドリーな

日鉄の技術者さんでした

 

無塗装のガルバは

塗装するかしないかで

よく議論になっていましたが、

 

これで、胸のつっかえが

綺麗に取れた気がします

 

それでも、

頑固なハウスメーカーさんも

いらっしゃるそうで、少し呆れ気味な

製造メーカーの担当者さんでした( ̄▽ ̄;)

ちなみに、更に耐久性のある
マグネシウムを追加したSGL鋼板
なるものも開発されています

ますます、塗装が必要なくなりそうです

PAGE
TOP